Excedo global language learning

従来の英語研修を変える

Excedo(エクセド)は、グローバルでビジネスができる人財を育成するために開発された、実用的な英語学習プログラムです。 

コンピテンシー(成果を出す人の行動特性)の育成と英語教育を一体化することにより、グローバル・コンピテンシーを定着化させ、自信をもって英語でビジネスをリードできる人財育成を支援します。

この、学習者重視の対話的アプローチ「エクセド・メソッド™」で、Excedoは、グローバル人財に求められるコミュニケーション力、ダイバーシティ環境下での交渉力、リーダーシップを含む、グローバル人財育成を支援します。

社員が自信を持ってより効果的にコミュニケーションをとり、グローバルで成功するためにサポートします。

Excedo Method Japanese

アクティブ・ラーニング

従来の受け身型学習法「パッシブ・ラーニング」では、語学は効果的に身につかないケースが多く見受けられます。一方、積極的な学習法「アクティブ・ラーニング」は、グループディスカッションやディベート、ロールプレイなど参加型の取集を通じて理解を深める実践型の学習法です。

学習者が受動的(パッシブ)に学習した場合、内容のわずか10-20%程度しか記憶に残りませんが、能動的(アクティブ)に学習を行うと、その割合は80%におよびます。

 

Excedo global success
microlearning infographic

マイクロ・ラーニング

語学学習では繰り返し練習することが極めて重要です。 そうは言っても、多忙なビジネス・プロフェッショナルにとってはなかなかその時間が取れないことも事実です。 そこで、「マイクロラーニング方式」を採用。 レッスンを数分のタスクに分割し、隙間時間に学習できるようにしました。これなら毎日気軽に続けられ、学習のペースも上がり、学んだことが頭に残りやすくなります。

Excedoはモバイル環境でご利用いただけるため、メールをチェックしたり、友人とチャットしたりするような感覚で英語を学ぶことができます。

ビジネス・スキルフレームワーク

Excedoは従来の英語学習とは根本的に異なるアプローチを取っています。Excedoのカリキュラムは、世界経済フォーラムや経済協力開発機構(OECD)が定義した、21世紀の社会人に求められるキー・コンピテンシーに基づいた独自のグローバルなビジネス・スキルフレームワークがベースとなっています。各コースでは、グローバルビジネスコミュニケーションに必要とされる10つのスキルを取り上げ、実際の使用シーンを想定したコミュニケーションを学習できます。

Excedo global language learning

自信のついたコミュニケーター

グローバルなビジネス・シナリオを通して学んだスキルは、実際のビジネスの場面で応用できます。Excedoのプログラムは、実際の グローバルな ビジネスシーン(遠隔地間での協働作業など)、そしてITを駆使したスマートワーク(例えばバーチャルミーティングやアジャイルワークなど)を想定した学習を行います。現実にあるビジネスシーンに即した学習により、学習者は実際のビジネスの現場で自信を持って英語を話せるようになります。

Excedo Deliver session with global business professionals working with a language counsellor

専門家チームによる指導

多忙なビジネス・プロフェッショナルにとって、語学学習を続けるモチベーションを維持するのは困難な場合もあります。そこでExcedoでは2つの専門家チームが指導にあたり、学習者が継続して学習を行えるよう全面的にサポートします。

「ランゲージ・コーチ」は、グローバルビジネスやITを活用した業務環境でのビジネス経験が豊富で高い技能を持った語学教師のみ厳選採用。英語によるコミュニケーションにおいて苦手な部分は学習者によって異なりますが、ランゲージ・コーチは一人ひとりに合わせた指導を行いますので、成果を早く実感することができます。

それに加えて「ラーニング・カウンセラー」は、最初のオリエンテーションから課題の手助け、困った時の励ましに至るまで、徹底して学習者に寄り添ったサポートを行います。

Excedoソリューション概要

エクセド・メソッド™ の詳細および、実践的で効果的な英語学習ソリューション、Excedoがどのように社員をグローバルビジネスコミュニケーターとして成功に導くか体験するには、デモのお申込み、またはソリューション概要べーじをご覧ください。

デモの申込み

言語学習ンリューション概要  

Course overview JP