Excedo製品更新情報

改善したマイクロ・ラーニングの導入でExcedo(エクセド)の学習がさらに進めやすくなりました!
デブラ マーシュ
By デブラ マーシュ
Excedo blog in Excedo Innovation 4月, 2019

Excedoでは、当初よりビジネスパーソンのニーズを満たすよう、語学学習の新しいアプローチに注力しています。例えばグローバルビジネススキル・フレームワークを基盤とした、ビジネスパーソンにとって親和性の高いコンテンツとなるよう努めています。さらに学習方法に従来のものより5.6倍効果的なアクティブ・ラーニングの手法を取り入れるしています。

忙しいビジネスパーソンが教室に1時間以上腰を据えて授業を受けるのは容易ではないため、Excedoではマイクロ・ラーニングを導入しています。マイクロ・ラーニングとは、細分化された内容を継続して少しずつ行う学習方法です。最近の研究でマイクロ・ラーニングは、従来型の学習方法より17%も効率的で、また学習者にとって最適な学習方法であることが分かっています。

継続的な改善
Excedoは学習体験を向上させるため、学習者からフィードバックをお伺いし、継続的にプログラム改善に努めています。この重要なアップデートには以下の改善が含まれます。

マイクロ・ラーニングの改善について

「マイクロ・ラーニング」とは、プログラム内のアクティビティの構成を細分化させることです。研究によるとマイクロ・ラーニングは17%効果的であるほか、モチベーションと共に学習効果も上がることが分かっています。アクティビティの構成が細分化されたことで、1レッスン当たりの学習時間が約5分と、以前の10-20分から短くなりました。またこれにより、通勤や休憩時間、普段の生活のちょっとしたスキマ時間に学習を進めやすくなります。

具体的な改善ポイントについて
学習のためにスケジュールを組む必要はありません。ご自身の日常生活 ― 通勤時間、コーヒーブレイク、お昼休憩、家族との団らん等の合間に約5分間のレッスンを取り入れてみてください。これなら、例えば約束した人から5分遅刻すると連絡がきたら、待っている間にExcedoのマイクロ・レッスンを完了できるのです。

チェックポイントでスピーディな上達を 
今回のアップデートによりそれまでの学習内容を復習する各モジュール(1コース=4モジュール)に含まれる「チェックポイント」の数が増え、学習内容の復習がしやすくなりました。また、追加で復習が必要な場合はラーニング・カウンセラーのbot、Riku(リク)が追加マイクロ・レッスンをお送りします。ぜひ学習にお役立てください。

学習を習慣にしましょう!
学習の定着化には、スポーツや楽器と一緒で日々の練習が必要です。マイクロ・ラーニングの導入により、各アクティビティが細分化されました。なお、1コースを完了するために必要な学習時間に変更はございません。1日複数のレッスンを完了することを習慣化し、ご自身の生活にExcedoを取り入れていただけますと幸いです。

  • 1ヶ月で1コースを完了しましょう。(1コース=約10時間の学習)
  • 1週間で1モジュールを完了しましょう。(1モジュール=約2.5時間の学習)
  • 1日で2-3マイクロ・レッスンを完了しましょう。(1マイクロ・レッスン=約5-10分の学習)

Excedoについてご興味がありましたら 、せひデモをお申込みいただくか、「Anytime, Anywhereウェビナー: 忙しいビジネスパーソンのための効果的な学習アプローチとは」をご視聴ください。

私たちは皆様により良い学習体験をしていただけるよう、今後も引き続きプロダクトの改善に努めて参ります。ご質問やフィードバック等ございましたら、いつでもお気軽にご連絡いただけますと幸いです。