EXA case study on Excedo

EXAの事例

1987年に設立された株式会社エクサは、世界トップ水準の鉄鋼事業会社であるJFEスチール株式会社と日本IBMを母体とするITサービス会社です。主な事業内容は、業務改善、構想策定等のシステム全般に関するコンサルティング、情報システムに関する企画・設計・開発・構築・運用・保守、ソフトウェアおよびハードウェアの開発、販売及びサービス提供、および情報システムに関するアウトソーシング及びクラウドサービスの提供です。

100社以上のお客様向けにデザイン思考に基づく共創ワークショップを実施、先進領域の実装力を強みとしAI、IoT、Cloudを活用したサービスの提供を通して、お客様のDX推進への取り組みを強化しています。 

EXA logo

Excedoを選んだ理由

エクサの社員が直面している主な国際的業務において、海外のお客様とより効果的に仕事を進めるため、社員のグローバルなビジネススキルやコミュニケーションスキルの開発に力を入れています。

会社で貸与しているスマートフォンで受講できるという点と、e-learningより柔軟に学習できるマイクロ・ラーニング方式を用いている点から、実践的なワークショップ形式の教材として選定しました。Excedoの受講における目標は、先進領域技術習得のための海外事例情報収集などが効率的に出来る事、そして会話のみではなくビジネス上の交渉や会議に対応出来る事です。

ケーススタディを詳しく見る