グローバルな会議や交渉の場で求められる効果的なコミュニケーションスキル

効果的なコミュニケーションの必要性

企業のグローバル化に伴い、英語がビジネスのグローバル言語としての必要性がますます増えている今や、英語で効果的にコミュニケーションをとり、社内コミュニケーションを改善させることは、企業が勝ち残っていくために必須課題となりました。楽天、ルノー、エアバス、サムスンなどの国際企業が英語を社内公用語にした背景にはその事実があります。

 Excedoチームについて 

効果的なコミュニケーションは社内および社外で必須です。社内においては、同僚との職場関係を強化し、社員の業務効率化やモラル向上につながります。

社外での効果的なコミュニケーションにおいては、見込み顧客やメディア、パートナー企業、サプライヤー等との社外関係においてさらに重要な役割を果たしています。課題や目標を理解し、相互に有益な関係を構築し、重要な合意にむけて交渉するのに役立ちます。

効果的に、自信を持ってグローバル・コミュニケーションを図るために

英語を長年勉強してきた人でさえ、カルチャーギャップやコミュニケーションに課題を感じています。 グローバル市場における成功を願う企業にとって、グローバル・コミュニケーション力不足は時に障壁となります。Excedoは、この壁を乗り越え、グローバルコンピテンシーの定着化を図るための人財育成プログラムです。

エクセド・メソッド™ によって、ビジネス・プロフェッショナルはカルチャーギャップを乗り越え、グローバル・コミュニケーション力を鍛えることができます。エクセドメソッドを、ぜひ御社の競争力強化にご活用ください。

効果的なコミュニケーション方法を学び、職場でのコミュニケーションを改善しましょう。

グローバルビジネスコミュニケーターとしての成功

日本経済新聞社とフィナンシャル・タイムズ(FT)社とのコラボレーションから生まれたExcedoは、学習者に重きをおいたインタラクティブなアプローチで、学習者にとって効果的で楽しい学習経験を提供します:

"The content is very practical and can be used in real business situations"

「英語の表現例が実用的です。シナリオも親しみやすく、とてもリアルです。ユーモアに富んだ場面設定もあり、楽しみながら英語を学ぶことができます。」

-- Excedo受講者の感想

 

 デモを申込む 

 

 

Excedo English language courses Understand Change, Set Goals, Improve Team Communication
ビジネススキルフレームワークに沿って開発されたExcedo

効果的な英語のコミュニケーション

言語とは、単語や文法だけではありません。Excedoの斬新的な手法は、グローバルで必要なビジネススキルフレームワークを、ソフトスキルや異文化対応のスキルと組み合わせています。

 Excedoについて問合わせる 

ビジネス英語を、従来の教室での学習ではなく、ミーティングや交渉、コラボレーション、異文化体験など、リアルなグローバルビジネスシーンを想定した実践的な学習を行います。

Excedo global language learning

異文化コミュニケーション

グローバルな世界で通用するコミュニケーションとは、言語の流暢さだけではなく、異文化対応力も要素に含まれています。本当の意味でのグローバルコンピテンシーを得るには、社員は様々な国籍の人々と交渉したり、文化的違いによる様々なコミュニケーションの取り方を理解したり、ダイバーシティをどのように管理したらよいか理解することが必要です。

ここがExcedoの強みであり、言語学習のさらに先を目指して企業や社員が、自信をもって効果的にコミュニケーションできるようにサポートします。
 

 デモを申込む